2009年12月20日

終わったから言える「夜会 Vol.16」

先日の金曜日で今年の「夜会 vol.16 〜夜物語〜 本家・今晩屋」の全公演が終了しました。

今回の公演も幸いにして2回観に行くことができました。

そこで,夜会の終わった今だからこそ,感想を書いてみようかと思います。



今回の夜会はタイトルからして前回「vol.15」の再演であることは分かりました。

前回の夜会は内容の「理解しづらさ」では屈指の夜会だったように思います。パッと見ではなんのことか分からず,意味を考えてるうちに終わってしまい楽しめなかった,なんて声も聞かれました。
確かにパンフレットにも前書きやあらすじは書いておらず,「安寿と厨子王のその後の物語」とだけ。森鴎外の「山椒大夫」自体を読んでいる人も少ないであろう昨今,さらにその後の物語と言われてもわかりにくさが先行してしまったのも仕方ないかもしれません。

そこで今回の「夜会」ではどのように変えてきたのかが興味津々でした。

結果として,「24時着0時発」と「24時着00時発」との差とほぼ同じ,いやそれよりも差
異は少なかったのではないでしょうか。
細かな演出の違いはあるんですが,ストーリーそして曲目は全くといっていいほど一緒です。

第1幕の「難解さと間延びした感じ」もそのままだし,第2幕の「前半とは打って変わってのすばらしい盛り上がりもそのまま。

今回の公演では前半の理解しにくさを少しでも分かりやすくいじってくるかな,と言う期待が僕にもありました。しかし,(裏話は知りませんが,)たとえ何らかの要請があって今回の夜会が急遽開演決定したとすれば,開演までの打ち合わせに始まりリハーサルまで考えると,脚本を細かく修正していくのは時間的には無理な話でしょう。

その部分を更に洗練できれば,さらにいいものが出来るんじゃないか,と正直に思います。

その一方,同じ内容を何度も見たおかげで,だんだんと彼女の言いたい(であろう)ことが分かってきたことも事実でして…このかみ砕く経過って言うのもなかなか味わい深いんですよね。


中島みゆき扮する「暦売り」は言わば「狂言回し」役。
転生した安寿そして厨子王,転生して忘れてしまった「約束」,しかし忘れられぬ「罪の意識」を背負って生きてゆく。

前半では縁切り寺の尼寺での出来事。ある者は炎の中へ進み,またある者は水の中へ身を投じることで,現世を断ち切り,来世へと旅立とうとする。しかし『百九番目の除夜の鐘』が鳴り止まず,「涙の輪廻」を繰り返しまごついてしまう。
後半ではさらに時代が下がり水族館が舞台になるも,前世と同じように「涙の輪廻」を繰り返し迷っている彼ら。そのうちに彼らの「罪の意識」が何であるか,徐々に思い出してゆく。

そして彼らの母も,子供をいとも簡単にさらわれてしまったことを悔やみ,そして自分を責めながら,後悔を繰り返してゆく。

そんな「守るに守れぬ約束」や「後悔」により断ち切れなかった「涙の輪廻」も『赦され河を渡る』でようやく断ち切られ,彼らは救われてゆく。


そんな感じではなかったか,と個人的に思います。


また,「S席2万円,A席1万8000円」という価格も話題になったようです。

たしかに歌舞伎公演などに比べても高い部類ですし,この景気動向ではなかなかポンと出せる金額ではありませんよね。先般の記事に書いたとおり,チケットの売れ行きが今年は鈍かったのも確かです。

ただ,音楽を含めた芸術って言うのは,高くても「鑑賞したい」という人がいれば成立してしまうもの。今回の夜会,僕が観に行ったのは平日にもかかわらず満席でした。高くても「観たい」って人が多いってことですよね。

僕ですか? 2万円の価値はあったと思いますよ。事実ラストは今回の夜会でも感動のあまり目が潤んでましたから。僕にとっては十分価値のある公演でした。
ただ,一般受けはしないだろうなって思いましたね。理由はやっぱり「理解に時間がかかる」ってことかな。

ちなみにEくんは面白いこと言ってました。前半2000円,後半1万8000円だって。
前半は舞台設定が難解で,彼女の思いが充分に反映されているとは言えず,自分のやりたいようにやってるから,後半は「有機体は過去を食らふ」以後,舞台の転換が早くなり,素晴らしい曲が多いことが理由のようです。


ところで,夜会批判の中で「金返せ」とか言ってる人がいますけど,中島みゆきに限らず,芸術の価値なんて突き詰めれば「自分が好きかキライか」って話。

気に入らないのも批判するのも結構だけど,だったら今後は行かなければ良かろうに。それだって作者に対す類立派な抗議なんだから。それなのに「金返せ」なんて現金なこと言ってると,人として底が浅いことがばれちゃいますよね(笑)


2010-01-01 追記

Eくんに言わせると,ライブや芝居が面白くなければ,その場で席を立って帰るのが一番の
抗議になるそうです。途中退席して『金返せ』なら抗議としては成り立つんではないかな,とのこと。
確かに,劇の途中でどんどんお客さんが帰ってしまうような舞台やライブなら,出演者も真剣に何が悪いか考えるでしょうね。



banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m



posted by うぱっぴ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味:音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

「香美別邸」を観てきました

いやはや,今週は仕事は忙しいし,飲み会やらなにやら忙しくて,なんか疲れてしまいました。
今日は日曜日としてはひさびさに,自宅でのんびり過ごしています。オンコールで遠出できない,っていうのもあるんですけどね。


さて,そんな多忙な週の半ばでしたが,11日に広瀬香美のコンサート「香美別邸」に行ってきました。

広瀬香美といえば「冬の女王様」です。スキーに行くときの定番ソングとしてカーステレオ(死語だな,これ)で聞いているうちに,彼女の声域の広さ,高音の伸びがとても気に入り,2007年のツアーから彼女のコンサートにも行くようになりました。

「香美別邸」は本人曰く「広瀬香美別バージョン」とのこと。
普通のコンサートとは違い,楽器は彼女の弾くピアノだけ。バンドもコーラスも一切なし。おなじみのヒットソングからアルバムの曲まで,オリジナルアレンジで聴かせてくれるコンサートです。
2007年12月,恵比寿ガーデンホールで行われた初回の「香美別邸」でそのスタイルがたいそう気に入って(その模様はこちらの記事を参照してください),今回もチケットをゲットしたという次第。


今回の会場は東京国際フォーラム ホールC。前回と比べるとずいぶん収容人数の多いホールになりました。それだけ人気なのでしょう。


一緒に行ったのは前彼「Hくん」。
「あれ?」と思う方,「未練たらしい」と思う方もいるでしょう。当然ですよね。
2007年末に「けじめ」をつけたのではなかったか,と。

ここでそのいきさつを語ると長くなるし,話がそれてしまうので,そのケンについてはいずれ書こうと思います。

ただ,いまは「信頼しあえる友達」として再出発した,とだけ申しておきましょう。


閑話休題。話を戻します。

1曲目「幸せをつかみたい」では客席から登場。ワンフレーズ頭痛対ながら,客席を回りつつ舞台へ。そして2曲目「真冬の帰り道」
最初の2曲からノリノリで,ピアノの演奏にも力が入りまくり。膝や尻まで使って弾くのはどうなの??とは思ったけども…(;´∀`)

MCも結構長くて,けっこうこれが面白い。広瀬香美のコンサートが初めてのHくんも「イメージが全然違う」ってびっくりしてた。

中盤では最新アルバム「Making My Life Better」のヴァレンタイン・バージョンメドレー(+没になった曲のおまけ付き)を披露。そしてTVタイアップのインストゥルメンタルのピアノ曲も披露してくれました。


そして終盤は「promise」「ロマンスの神様」「ゲレンデが溶けるほど恋したい」を熱唱。
彼女は「一緒に歌おう!!」と観客にも積極的に参加して欲しかったみたいだけど,一部の熱狂的ファン以外の観客の乗りはイマイチだったかなぁ…僕も小声で歌ってはいたけど,今回席は立たなかった。だって疲れてたし,周りもあんまり立たないんだもん。

そして最後は「Dear」
前回の香美別邸,昨年12月の浜離宮朝日ホールでのコンサートに続き,〆はこの曲でした。アルバム収録バージョンよりも,ピアノ弾き語りの方が情感たっぷりになってとっても素敵です。


彼女の歌声とMCを大いに楽しんだ2時間半でした。





banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m

posted by うぱっぴ at 15:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味:音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

二度目の夜会 Vol.15 大阪公演

12月はじめにEくんとふたりで「夜会 Vol.15」は観てきたのですが,やはり一度観るとどうしても二度観たくなるのが夜会の魅力(魔力?)。

そうでなくとも今回はあちこちで「難解」という声が聞こえてくる夜会。ぜひもう一度観て,自分なりにもう一度感じてみたい。

幸いにも大阪公演のチケットを取ることができたので,今回は単身大阪へ行ってきました。



しかし,2月の第1週だけで,誕生日に夜会に誕生会と,なんだかイベント盛りだくさん…(;´∀`)


おっと,話がそれました。

大阪へ行く方法はいろいろ考えたあげく,結局新幹線「のぞみ」に。本数も多いし,やっぱりエクスプレス予約でへ出発前なら何度も変更がきくのが魅力です。飛行機は早く取れば安いけど,出発便の変更はできないし,なにより東京西部から羽田に向かうのって意外と面倒なんですよね。

東京駅で遅い昼食をとり,車内ではシュウマイをつまみにビールのロング缶を開けたら,京都まではまどろみながらあっという間。N700系のグリーン車は快適です♪


シアターBRAVA!は初めてでしたが,大阪城公園駅から迷うことなく到着。
IMG_0099.JPG

開演45分前に着いたので,ロビーで「ヒューガルテンホワイト」を飲みながらゆっくり待ちました。

場内は赤坂ACTシアターよりちょっとこぢんまりした感じ。座席は新しい分,ACTシアターの方が良いけれど,前後の間隔は比較的ゆったり。前列の人の頭も気にならずに観られました。

午後8時,いよいよ開幕。
「山椒大夫」を読み直したりもしませんでしたが,第一幕も東京公演の「何となく分かるけど…」的な感覚とは違って,詞の意味を自分なりにかみ砕きながら観られたように思います。

間の休憩では東京で飲めなかった,夜会カクテルを注文。ACTシアターの売店ってなんであんなに並ぶんだか…それに比べると,シアターBRAVA!の売店の方がてきぱきして気持ちよかったですよ。


いよいよ後半。
繰り返される歌に,みゆきさんの想いが込められている。

「約束ごとは,その場の気持ち」

守られなかった約束,姉を犠牲にして弟が得たものは果たして幸せだったのか,そして子を失った母の悲しみ,悔恨の念…さまざまな想いが交錯する,夜。

輪廻転生はここ数回の「夜会」のテーマだと思いますが,そこから一歩踏み込んで,
パンフレットにも書いてあるように「生まれ変わったと言うことは,過去をすべてリセットし,罪を無にすることなのか」を問いかけてきます。

だが,それでは生まれ変わっても前生の罪を引きずってしまい,永遠に救われない。
でも,ちゃんとみゆきさんは救いを用意してありました。

それが「赦され河,渡れ」なのではないでしょうか。


そしてラストの「天鏡」
人の心を映す鏡は人は手にできない。しかしそれはそれぞれ瞳の中にある。

やはりラストではみゆきさんの迫力に圧倒され,目が潤んでしまいました…。


Vol.10「海嘯」では,津波ですべてが流されてしまうと言う,救いのない終わり方でしたが,それと比べると,今回の「元祖 今晩屋」方が救いがあり,みゆきさんのやさしさが伝わってくるような気がします。


やはりみゆきさんは「夜」が似合う女。
最後の舞台挨拶では,これからも夜会は続けていくそうです。


今後,僕たちをどんな不思議な世界へ誘ってくれるのでしょうか…。


闇夜の高速道路を走る,帰りの夜行バス。まともな晩飯を食いそびれたにもかかわらず,それはまるで夢物語にいるような不思議な心地でした…。






banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m

posted by うぱっぴ at 08:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味:音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

「夜会」 VOL.15 チケット到着

今月末から赤坂ACTシアターで東京公演の始まる,中島みゆき「夜会」VOL.15。
今回は 〜夜物語〜 元祖・今晩屋 との副題が付いています。

そういえば,この前赤坂サカスに行ったときには,すでにポスターが掲示されていました。
IMG_0054.JPG


今回は幸いにもファンクラブの先行抽選でチケットが当選。このたびチケットが届いたので郵便局に採りに行ってきました。
IMG_0066.JPG


やはり中島みゆきの好きなEくんと一緒に行く予定で取った,12月5日の公演日のちょうど1か月前にチケットが到着。なんだかんだで1か月なんてあっという間に過ぎちゃいますからね。肝腎の座席は,真ん中やや右よりと言ったところで,まずまずの位置。


やさしき者ほど傷つく浮世
涙の輪廻が来生を迷う
垣衣(しのぶぐさ)から萱草(わすれぐさ)
裏切り前の1日へ
誓いを戻せ除夜の鐘


とパンフレットに書かれた文言でしか,公演の様子は知れませんが,これまでの経験から言っても,「輪廻転生」と「和文学」とを織り交ぜた,独特の「みゆきワールド」へ誘ってくれることでしょう。

いまからとても楽しみです。


banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m

posted by うぱっぴ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味:音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

I Love You, 答えてくれ

今月初めにリリースされた中島みゆきのニューアルバム「I Love You, 答えてくれ」

みゆきファンの僕が今まで取り上げなかったのが不思議でしょうが,発売初日に買ったものの,じっくりと聴き込むヒマがなかなかなかったんです.
今はもちろん通勤途中のクルマの中でも,学会出張中もヘビロテ中ですよ(^^)

最近のみゆきさんのアルバムに共通するのは「すっと耳に入ってくる」感じがすること.
言い方を変えれば「どっかで聴いたような」と言うことにもなるのかもしれませんが,新曲なんだけどもみゆき節たっぷりで,長くみゆきファンをやってる人間にとっては馴染みやすいのかもしれません.

個人的には「背広の下のロックンロール」,「Nobody Is Right」とアルバムタイトル曲の「I Love You, 答えてくれ」がお気に入り.


プラスマイナス数えながら 君をみつめるわけじゃない
いつか実りをもらうため 君を大事にするわけじゃない
惚れた方が損になるなんて 取り引きや投資じゃあるまいし
惚れて嬉しい 単に嬉しい 同じ時代に生まれて嬉しい
愛さずにいられない馬鹿もいる
悩まないで受けとればいいんだよ
愛さずにいられない馬鹿もいる
受けとったと答えて欲しいだけさ


去年のアルバム「ララバイSINGER」に引き続き,僕のココロにずんずんと響いて来る歌詞です.
なんか,みゆきさんに僕のプライベートを見透かされているような気さえします…(;´∀`)



banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m

posted by うぱっぴ at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 趣味:音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

ユーミンスペクタクル シャングリラIII

ユーミンスペクタクル シャングリラ.1999年の初演以来,回を重ねるたびに話題になっていましたね.今回,幸運にもシャングリラIIIの東京公演の追加公演チケットがとれたので,昨日,国立代々木競技場の第一体育館まで観に行ってきました.

取れたチケットは4枚.2枚は普段お世話になっている,二丁目のHママさんとその相方さんに,そしてもうひとりは,「他人の姉ちゃん」といって慕っているY姉ちゃんです.

Y姉ちゃんは8歳年上.なにげに男っぽい性格でB型の姉御肌.
仕事の関係で数年前に知り合ったんですが,食べ物や旅行,歌舞伎や音楽などの趣味などでウマが合い,Y姉ちゃんの旦那公認でふたりで遊びに行く仲です.仲良くとは言っても「恋愛感情」はなく,お互い「不思議な関係だよね」と言ってます.どっちかというと身内に近い感覚かな.
とあるきっかけでカミングアウトすることにもなっちゃったけど,そのあとも変わらず楽しくお付き合いしてます.
3月の広瀬香美のツアーにも,ふたりで行ったんですよ.


僕も姉ちゃんもユーミンのライブは初めての経験.
最近,ユーミンの声が出なくなった,なんて話を聞いてたから,期待と不安の入り交じる開幕です.

さすがゲイにも絶大な人気を誇るユーミンですね,やっぱり「イカニモ系」な方々が散見されましたよ …マッキーのコンサートの時ほどではなかったけど(;´∀`)

座席は2階のスタンド席.舞台からはちょっと遠いけど,正面でした.

15分遅れで開幕.
舞台装置には相当金掛けてますね.舞台がプールになったり舞台に早替わりしたり…どんな仕掛けになってるのかなぁ….

ロシアの国立グレートモスクワサーカス団の演技はさすがです.サーカス自体を観るのも小学生の時にボリショイサーカスを観たとき以来かな? そんな彼らでも,空中ブランコで一度だけ失敗して落ちてましたが(;´∀`)

シンクロも生で観るのは初めてだったけど、スピンのさざ波が真円に近い円を描いて素晴らしかったですね.水深もそんなに取れないだろうし,大変だったんじゃないかなぁ….

ところで,肝腎のユーミンの歌.思ったよりは声は出てました.ただキーが高くなるとさすがに伸びなくなり,苦しそう.それでも,舞台の上を走り回り,階段を上り下りしながら歌っても息切れしないのはさすがです.

残念なのは,選曲.90年代の,それも僕的にはあまり好みではない頃の曲が多く、知っている歌が数曲と少なかったのが残念…もうちょっと知っている曲があれば,楽しめたのかも知れませんね.

中島みゆきの「夜会」では,魂を揺さぶられるような感動があった.しかし,コアなユーミンファンの方には申し訳ないけど,今回の「シャングリラIII」はエンターテイメントとしては楽しかったけど,心に残るかと言えば,う〜ん….

また行きたいか?と聞かれたら,正直,微妙かも…

普通のツアーだったり,知ってる曲が多ければ,また印象も違ったかもしれないけどね.

3月に行った広瀬香美のツアーの方が面白かったかなぁ….


banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m
posted by うぱっぴ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(3) | 趣味:音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

LIVE IN DOWNTOWN @東京国際フォーラム

こんばんは。昨日は暑かったですね晴れ
昨日は仕事を午前中で切り上げて、カレシとマッキーのコンサートに行ってきました。

まずは開演前に有楽町で待ち合わせ。日本橋まで行って早めの夕食。
日本橋三井タワーB1Fにある「日乃本比内や」という比内地鶏のお店へ。ここは以前ふらっとランチに立ち寄って、親子丼がとてもおいしかったので、また来てみたいと思っていたんです。
今回はつくねと鳥皮の串焼き、モモの炭火焼き、鳥つみれのモチ米蒸し、豆腐と揚げ湯葉のサラダを注文。どれもおいしくて、カレシにも喜んでもらえました。

カレシと行くマッキーのコンサートはcELEBRATION 2005以来2度目。さすがマッキーのコンサート、イカニモ系の方々が多いですね(汗)入場のときにも後ろからオネエ言葉が聞こえてきたり…。
曲は最近のアルバムからのセレクトでしたけど、のっけから皆さん立ち上がってノリノリ。ごめんなさい、腰が悪いから立ちっぱなしはツライノヨ…がく〜(落胆した顔)
今回はわりとトークの時間が多かったかな?アンコールは今まで「お約束」だった「どんなときも。」は歌わず、「あれ」を歌いましたね。「あれ」も今や彼の代表曲。

カレシも楽しんでくれて楽しい夜を過ごせました。
タグ:槇原敬之
posted by うぱっぴ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味:音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけるとうれしいです→banner2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。