2007年11月04日

あんな時代もあったねと

以前のむかし話から1年8か月を経て,突然復活するこのカテゴリ。
別に記事のネタがないとかそういうことではありません。単に筆者の気まぐれです。

ともあれ,前回に引き続き,今回は小学生時代のお話。

小学校入学後も低学年の頃は,余り目立った記憶ってないんです。比較的平穏無事な日々を送ってたんだと思います。男の子とも女の子ともフツーに遊んでたような気がします。

その頃で最初に覚えているのが,小学校で水彩絵の具を使った図工の授業を始めるときのこと。学校でまとめて絵の具や筆,パレットなどをまとめてバッグに入れた「水彩画セット」を購入することになったんだけど,バッグの色が赤と青の2種類あるわけ。
で,ランドセルと一緒で,たいてい男の子が青,女の子が赤という暗黙の了解があったんだけど,その時の担任の先生が
「男の子だからと言って青,女の子だから赤とは限りませんよ。好きな色にしていいんですよ。」
みたいなことを言ったのを覚えています。

それでもって,その頃からすでに赤の好きだった僕は当然赤を選択。
親には「アンタそれで本当にいいの?」と言われたけど
「うん。担任の先生もいいって言ってたし」
みたいな会話をしたように思います。

結果,学年全体で赤のバッグを選んだ男子は僕ひとり。女子で青を選んだ子も一人もいませんでした。つまり,異端になってしまったわけ。

その頃からかな,いわゆる「いじめ」として自覚されることが目立ってきたのは。


ちょうどその頃はブルトレブームで,国鉄の特急に一斉に絵入りヘッドマークが付いた時期。その頃から鉄道好きだった僕は,時刻表に載っていた全国の特急ヘッドマークイラスト集を切り取って,クリアケースに入れて下敷き代わりにしていたんだけど,それを二度も取られたり。他にも消しゴムとか,シャープペンシルとか,細かなものがいろいろ無くなりました。
女子からは「女の目つき」とか言われ蔑まれるようになりました。

ただ,今のいじめと違って,クラス全体に波及することもなく,仲良くしてくれる友達もちゃんといました。だから拗ねずに済んだのかもしれません。

ゲイ的な要素として覚えているのも,小学校3年ぐらいの時。

小学校は普通,学年別に校舎のフロアが分かれているのが普通だったけれども,僕が小学3年生の時は児童数が大幅に増えて,図書室まで一般教室に改装して使っていたぐらい。たまたま,僕のクラスは小学5年生と同じフロア。

その頃の僕と言えば,年上は親交の深い親戚を含め皆親の世代。しょっちゅう遊んでいたいとこ連中はみんな年下。チ○コと言えば大人のものか,逆に子供のドリ○ンしか見たことがなく,「小学5年生ぐらいのチ○コってどうなんだろう?」っていう興味が湧いてきたのは自然なこと(?)かもしれません。

さすがにトイレでちら見ぐらいのことぐらいしかしませんでしたが(それ以上何ができますか,小学生に!!)体が大きい分,アソコも大きいんだなと言うことと,なんだみんな剥けてないんだ,ということを納得(?)しました。


あとは,これはいつ頃なのかはっきり覚えていないんですが,ウルトラ兄弟の中でももっとも弱いキャラではなかったかと思われる「ウルトラマンタロウ」。たしかこの再放送か何かで,タロウがやられてしまうシーンになぜか興奮したのを覚えています。
その時に,カラダの一部に変化が起きていたんですが,それが何を意味するかが分かるのは,もう少し先のお話しです。

そういえば,「ヒーローの陵辱シーン」って,性的な目覚めに影響があるようですね。
他の方のブログでも確かそのようなことを書かれていたような気がします。


小学校も高学年になると,いわゆる「中学受験」のための塾通いが始まります。
地元の同級生と遊ぶことも少なくなり,いじめも自然と沈静化してきます。
塾には電車で通っていましたが,痴漢に遭うとかそういうこともなく,性的な目覚めは中学入学以後のこととなります。


このカテゴリ,おそらく気が向いたときだけ続きます。



banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m

posted by うぱっぴ at 19:43| Comment(1) | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

こんな時代もあったのね

これから少しずつ,僕がゲイになるまでの生い立ちを書いてみようと思います.
今回は,誕生から小学校入学まで.

僕は,両親が東京都下の開業医の家庭に生まれた,一人っ子.結婚して10年,もう子供はできないだろうとあきらめた頃にできた子供だったらしい.子供は女の子の名前しか考えてなくて,生まれてみたら男だったので,慌てて名前を考えたのだとか(笑)なんか因縁めいた感じが…

実家は開業医という性格上,あまり近所づきあいというのはなくて,幼稚園までは同年代の子供たちと遊んだ記憶がないんですよ.親戚関係も僕が初孫だったりして,周りは大人ばっかりだったし.幼稚園の頃になると,同年代の子と遊ぶ機会も増えましたけど,その頃からインドア派で(wけっこうおままごととか好きだったみたいで(^^ゞ

同じ頃,リカちゃん人形が欲しくて祖母に買ってもらったのも覚えています.そのころから,フツーの男の子とはやっぱり違ってたわけで.でも「もっと男の子らしく遊びなさい」って言われた覚えがないんですよね…
でも,「幼稚園の先生と将来結婚するんだ!!!!!」なんて言ってたらしいですが.

いま思うと,このころから結構女性的要素が多かったみたいですね.
タグ:一人っ子
posted by うぱっぴ at 02:27| Comment(4) | TrackBack(0) | むかし話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけるとうれしいです→banner2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。