2009年10月13日

鉄道の日関連イベントに行く

なんかあっという間に三連休が終わってしまった気がするのですが,みなさん如何お過ごしですか?

僕は今日は当番日で,病棟回診に行ってきました。病棟そのものは落ち着いていましたが,その後,久々にクルマを動かそうと思ったら,なんとバッテリーが完全消耗。オートロックも作動しなくなってしまったので,ドアも開けられない。
仕方ないので10数年ぶりにJAFのお世話になりました。毎年4000円ずつ保険のつもりでかけていましたが,こういうこともあるんですね。


さて,10月14日は何の日かご存じですか? 「鉄道の日」なんですよ。
明治5年9月12日(新暦1872年10月14日),新橋〜横浜間にわが国初の鉄道が開業したことを記念して1994年に制定されました。

その関係で,10月から11月あたまにかけて,各地の鉄道会社などでさまざまなイベントが開催されています。この連休中にも(僕は行きませんでしたが)日比谷公園でイベントが開催されましたね。

ひとつ前の日曜日,10月4日に西武鉄道で記念イベントが開催されたので,ブログを通じて知り合った,友達のRくんを誘ったところ,二つ返事で「行きます」とのこと。ふたり連れだって行ってきました。

その名も「西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬」
今年は西武秩父線開通40周年(僕と同い年です)も兼ねてのイベントです。

朝8時過ぎに池袋駅でRくんと待ち合わせ。
先発の臨時快速急行が入線していたので,さっそくパチリ。
DSCN0376_1600.jpg

ぼくらは後発の特急レッドアローで追いかけます。

横瀬は秩父盆地の入口,石灰石の産地で有名な武甲山の麓にあります。
池袋から特急で1時間15分,僕らが到着した頃にはけっこうな人だかりができていました。

会場(横瀬車輌管理所)までは駅から歩いて数分。普段は入れない車両基地に入れるのですから,やっぱり気分は高揚しますね。
DSCN0381_1600.jpg

西武鉄道は1996年まで貨物輸送を行ってました。横瀬車輌管理所は貨物列車の牽引にあたる電気機関車や貨車の検修を行っていたところです。そのため今回のイベントも電気機関車中心の展示です。特別なイベントなのに入場無料,しかも記念のカードまでプレゼントしてくれるんですから,西武も太っ腹ですね。

まずは限定品のICカードケースを入手してから,いろいろな車両を見て回ります。
DSCN0402_1600.jpg DSCN0395_1600.jpg

西武では1986年まで国鉄から譲り受けた輸入電気機関車を使用していました。ラズベリー色に塗られている機関車がそれらです。スイス製,アメリカ製,イギリス製それぞれの特徴があって面白いですね。

アイボリーの機関車は最近まで現役だったE31型33号機。E31型残りの3両は現役です。大手私鉄で最後に電気機関車を新製したのは西武なんですよ。

そしてこんな展示も。
DSCN0387_1600.jpg

貨物列車の最後尾に連結されていた「有蓋緩急車」という車両。つまり車掌さんがのる車両ですね。こういう脇役にもグッと来ちゃいます(;´∀`)
DSCN0409_1600.jpg DSCN0384_1600.jpg

ほかにも,電留線(電車を留置する線路のこと)では撮影を意識して新旧レッドアローを含めた並びの展示,保存車である西武351系(初代501系)の復活塗色も展示。後者は車内にも入ることができました。引退した1990年当時の中吊り広告がそのままだったのが面白かったですね。

個人的にはE851型電気機関車の運転台公開がヨカッタ…(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ
DSCN0398_1600.jpg

電車の運転台は客席から見えることが多いですけど,機関車の運転台ってなかなか経験できませんからね。意外と中は広いんですよ。
右側のごついマスコンハンドルや,機関車特有の複数のブレーキ弁など,メカニカルな雰囲気がいっぱい。
DSCN0399_1600.jpg

自分が機関士になったつもりで,こんな写真も撮ってみました。

連れのRくんと言えば,実物の車両に身近に接するのは初めての経験とあって,はしゃぎまくってました。あっちへ行っては写真を撮り,こっちへ戻ってはまた写真を撮り,駅に電車が入線したと言えば追っかけてみたり…まるで小学生みたいwww

またたく間に2時間が経過,その後の予定もあるので,横瀬駅から西武秩父まで移動。
西武秩父駅でもこんな展示がありました。
DSCN0413_1600.jpg

先ほどのE31型の現役機三重連での展示です。
現在彼らは新車搬入や他社への譲渡車両の輸送に活躍中ですが,徐々に活躍の場は狭まってます。
IMG_0181.JPG

この日はこんな電車も走ってましたよ。普段は西武秩父線には入線しない「999号ラッピングトレイン」ですが,今回のイベントに合わせてわざわざ入線,営業に使ってくれたみたいです。


こののち,僕らふたりは秩父鉄道の御花畑駅へ移動。そこからSL列車「パレオエクスプレス」に乗車。

ひさびさの客車列車,それもSL牽引。窓を開け放って,石炭の焼けるニオイをかぎ,時には煤を浴びながら,気持ちの良い時間を過ごしました。



ひさびさの鉄分補給。ちょっと過剰気味だったらしく,またまた模型鉄や乗り鉄したくてうずうずしてます。Rくんに至ってはもっと重症化の兆しが見えてきました。ますます「鉄」の泥沼にはまって抜けられなくなりそうです。


今週後半は京都で学会があるので,それに合わせてすでに画策中…(;´∀`)
来週にはここに書けるかな? ( ̄ー ̄)ニヤリ



banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m
posted by うぱっぴ at 00:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味:鉄道&鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

「鉄」分補給

もともと僕が鉄ヲタであることは,当ブログの古くからの読者の方々はすでにご存じかと。
今年もこんな記事をupしてますしね。


ところで,鉄道趣味にもいろいろありまして,鉄道写真主体の「撮り鉄」,ある線区や車輌に乗ることを主目的にする「乗り鉄」,鉄道模型を主とする「模型鉄」などなど。

大概において分類の複数を掛け持ちしてる場合が多く,僕の場合は「乗り鉄」と「模型鉄」です。


僕にとって鉄道模型との出会いは古く,小学校3年生の時。ちょうどNゲージブームの黎明期ですね。以来,大学進学時に一時的に中断するも,社会人3年目にふとしたことから再燃(いわゆる出戻りって奴です),大学院時代には車輌キット組み立てなどをやりましたが,その後は完成品コレクター。また親父が今春入院した時,出掛けられない代償(?)としてまた興味が再燃したりと,興味の波はありますが,現在に至るまで続けています。

鉄道模型もいろいろな楽しみ方がありますけど,その中でも車輌を集めたり,工作したりするのが特に好きで,いわば「車輌(工作)」派。

レイアウト(ジオラマ)にも興味はありますが,プランから工作,完成まで時間がかかること,スペースの問題などで未だに実現していません。組み立て式線路は持っていますけどね,もっぱら車輌の試走用。

その点,車輌工作は工作台があれば事足りるので,取っつきやすい。キットを組み立てたものは言うに及ばず,完成品はそのままとせず,自分なりに手を入れることで,愛着も湧くというものです。

とはいいつつも多忙さにかまけて,ここ数年は完成品コレクターに成り下がっていたのも事実でして…(;´∀`)


せっかく集めた車輌たち。多忙さから買ったままちゃんと整理もされず野積み状態になっていたのもあったりと,見る人が見ればとてももったいない状態になっていました。


そんなある日「GBr」の登録ブログで珍しく鉄道模型の記事を発見。なんかうれしくなってコメントを残したのがきっかけで,そのブロガーさんに誘っていただきました。

そのブロガーさんとは「エンドウマメ☆」の亮平くん。本日からリンクにも追加しました。

まさかゲイブログで「鉄」それも「模型鉄」つながりができるとは,ちょっと予想外でした(;´∀`) 「乗り鉄」やもと「鉄」の方はちらほらお見かけするんですけどね。


亮平くんからお誘いを受けて,いまから2週間前の日曜日。とある特急停車駅の街に行ってきました。

「貸しレイアウトでの運転会」ということで,僕も車輌を持ち込んで参戦。亮平くんも彼自慢の車輌を持ち込んで参戦。
IMG_0135.JPG
(写真はイメージです。実際の貸しレイアウトではありません。悪しからず)


やはりレイアウトの中を走る車輌は(・∀・)イイ!! 特に自分の車輌となればなおさら。
最近こんなお店にも行ってきましたが,やっぱり自分の愛着のある車輌を自分の手で走らせ,それを眺めるのがサイコーです!!
(興味のない人から見れば,いい大人がおもちゃ見ながらにやにやしてるようにみえるでしょうね)
あっという間に数時間が経過した1日でした。いや〜充実しすぎて血が濃くなりそうです。

しかしその日にお集まりのみなさんは,やはり同好の士,こだわりがありますなぁ…。僕も負けてられないぞっと。

亮平くんありがとね。また「鉄」で盛り上がろうね。




banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m



posted by うぱっぴ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味:鉄道&鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

N700系初乗車

先週の話になりますが,法事で福井に行くことになりました。

東京から福井へ行くには,

1. 東海道新幹線「ひかり」→米原乗り換え→特急「しらさぎ」→福井
2. 東海道新幹線「のぞみ」→名古屋乗り換え→特急「しらさぎ」→福井
3. 羽田空港→(飛行機)→小松空港→(空港連絡バス)→福井
4. 上越新幹線「とき」→越後湯沢乗り換え→特急「はくたか」→金沢(乗り換え)→福井

おおむねこんな経路があります。

いま住んでいる東京西部からのアクセスを考えると一番便利なのは1.ですが,時刻表の乗り換え案内通りにきっぷを取っては自他共に認める「鉄ヲタ」の名がすたるというもの。

それに,現在「ひかり」に主に使用されている初代「のぞみ」用車両の300系は,軽量化のためにシートの座り心地も良くないので,おなじ料金を払うならできれば避けたいもの。ちょうど東海道新幹線の「のぞみ」にN700系使用車両が増えたこともあり,新幹線自体になかなか乗る機会もないので,今回は2.を選択し,N700系初乗車と相成った次第。

ホントは,500系「のぞみ」に乗りたかったんですけど,いまや500系の東京乗り入れは2往復のみ。残念ながら東京発の時間も仕事の関係で間に合わず,名古屋での「しらさぎ」接続もないので,断念…(^^ゞ 

「のぞみ」利用だと京都乗り換えで「雷鳥」ないしは「サンダーバード」って言う手もあるんですけどね…さすがにそこまでは…(^^ゞ


4月5日土曜日。時間に余裕があったので,新宿で昼食を摂っていたところ,その間に中央線がポイント故障で運転見合わせ。山手線を半周する羽目に…(;´∀`) 多少余裕を持ってたから良いものの,ちょっと冷や汗モンでしたよ。

そんなハプニングはありましたが,無事東京駅に到着。東京発14時10分「のぞみ35号」博多行き。使用車両はJR西日本所属のN700系でした。10号車のグリーン車に乗車,予想より空いていました。
DSCN0206.JPG

肝腎のシートのかけ心地は上々,やや固めながらもしっかりカラダを支えてくれます。おなじグリーン車でも300系のシートとは雲泥の差です。グリーン車の座席テーブルは肘掛け収納式が多いんですが,N700系では背面テーブルもあります。PC用のコンセントも常備。おまけに個別のエアコン吹き出し口や足もと温風もあり,ここらへんはかなり航空機に対抗して付けた設備でしょうね。でもその他のサービスがおしぼりだけって言うのもなんかなぁ…。

新横浜を出ると本格的に高速運転。東海道区間では最高速度270km/hは従来と変わりませんが,N700系は車体傾斜装置を搭載しているので,270km/h走行できる区間が増え,その分所要時間が短縮されました。
確かに座っている分には不快な揺れはほとんど感じません。これもアクティブサスペンションの効果なんでしょう。300系「のぞみ」では270km/hではかなり揺れてデッキやトイレではふらつくこともありましたが,そんなこともありませんでした。

N700系は全席禁煙,喫煙室による分煙も新しい試み。
僕もタバコは吸いますが,喫煙車,特に満席状態の東海道新幹線では煙が充満して燻される感覚が味わえる状態(;´∀`)で,体調によっては遠慮したい状態でしたが,N700系では少なくとも客室に煙が充満するようなこともありません。座席指定の時に喫煙室に近い座席を指定できますし,喫煙室による分煙の方がスマートだと思います。
ただ,喫煙室のスペースはちょっと狭いかなぁ…10号車の喫煙室は,4人も入ればいっぱいだったもの。そういえば,空いていたのも愛煙家が敬遠したせいかもしれません。

名古屋までの1時間41分はあっという間でした。
これなら新大阪以遠への乗車も苦にならない気がします。


名古屋では6分の乗り換え時間で特急「しらさぎ11号」に乗り換え。時間にあまり余裕がないので,お年寄りや足の不自由な方にはお勧めできない乗り換えです。

「しらさぎ」もグリーン車でしたが,名古屋からは僕を含め3人しか乗客がおらず,「しらさぎ」用の683系のグリーン車のシートはかなり大柄でゆったりしています。揺れは在来線ですから新幹線とは比較になりませんが,静かで快適な車内でした。

ところが,米原で東京を約30分後に出発した「ひかり」からの乗り継ぎ客がいっぱい。グリーン車もほぼ満席に。春休み最後の土曜日と言うこともあるのでしょう,ちびっ子連れの客が乗ってきて,子供が騒いでうるさいったら…(´ヘ`;)ハァ
親も一応は注意していましたから,まあしょうがないっちゃしょうがないかなぁ…と諦めましたけどね…orz 一番静かだったのは子供たちがお昼ご飯食べてる10数分だけでしたから。

福井には定刻18時2分着。騒々しい時間もありましたが,それ以外は快適な列車の旅でした。


来月も福井に行く用がありますが,そのときは親父と一緒にクルマで行く予定。

今度乗れるのはいつになりますやら…次は寝台特急「北陸」に乗ってみようかな(;´∀`)


banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m


posted by うぱっぴ at 16:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味:鉄道&鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

新型お召電車発表

お召し列車 両陛下や国賓使用の「特別車両」が完成、公開
7月24日17時21分配信 毎日新聞

 天皇、皇后両陛下や国賓らが使用するJR東日本の「特別車両」が完成し、東京・上野駅構内で23日、報道陣に公開された。「特別車両」1両に、一般客らも利用する「ハイグレード車両」5両の6両編成で運行する。両陛下が乗車する車両の新造は47年ぶり。
 先頭は常磐線特急「スーパーひたち」の変形で、丸みを帯びた流線型。ボディーは江戸紫色をベースにメタリック塗装し、光の反射具合で色合いが変化する。
 「特別車両」は内部は杉の板目をあしらった純和風。椅子は深い青色の布張りで、木製のテーブルが付く。ハイグレード車両は、全車グリーン車。VIP室は海外の要人に対応できるよう応接室風で、客室の一部は総革張りで座席は3列配置されている。
 現在の「1号御料車」は製造から40〜70年経過し、老朽化が進んだため02年6月以来、運行されていない。【斎藤正利】

20070724-1.jpg 20070723-1.jpg

かねてから噂のあった,新型のお召電車がついに発表されました.形式はE655系です.
皇室専用編成ではなく,特別車輌以外はハイグレード車として一般客も乗車できるようになっているのが,時代の趨勢ですね.
最近はお召列車と言っても,今上天皇のご意向もあって,専用列車を仕立てることは少なくなって,定期列車へのご乗車が多くなっていますし.

鉄ヲタ的には「お召列車」は運転技量の優れた機関士,運転士による素晴らしい運転,特別に整備されキレイに磨き上げられた車輌たちが魅力です.

E655系,内装はまだ詳しく見ていませんが,顔つきはなんだか間延びしていて好きになれません.車体の塗装は凝っているようですが.それとも,実物を見ると印象が変わるのでしょうか?

ついに新1号編成やクロ157も現役を引退することになりますね.もしかして,お召指定機のEF58 61も引退してしまうかもしれません.

またひとつ,昭和のなごりが消えてしまいます.国鉄型好きとしては何とも寂しい気持ちです.


banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m



posted by うぱっぴ at 19:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味:鉄道&鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

僕の中の「鉄」分

GBrにも登録されているブログの中で,僕のお気に入りのブログがある.
ちょっとしたことがきっかけで,今月の初め頃からそのブログの管理人さんとメール交換が始まった.

メールの内容から,どうやらお互い鉄道好きであることが判明ヮ(゚д゚)ォ!
なんか懐かしいというか,うれしいですね(^_^)V

GBrやゲイ系掲示板見てても思うんだけど,ファッションや芸能関係の話題はけっこう多いけど,鉄道やらクルマやら,いわゆる「フツーの男の子」がはまるような話題が少ない気がする.
鉄道趣味と言うことに絞ってみても,いわゆる「ノンケ社会」の中でも「ヲタ」呼ばわり
ゲイの中でいわゆる「ヲタ系」の趣味の持ち主って,どのくらいいるんだろう?

鉄道趣味の人たちのことを,『鉄ちゃん」と呼んだりするけど,最近では2ちゃんねるの影響で,『「鉄」分の濃い人間』と言ったりする.僕もご多分に漏れず「鉄」分は濃いめ(^^ゞ
その「鉄」分だけど,成分分析をすると…
1. 鉄道で移動すること自体を楽しむ「乗り鉄」
2. 鉄道の写真を撮ることを主目的とした「撮り鉄」
3. 機関車の出す音や車内放送などを録音して楽しむ「録り鉄」
4. 鉄道模型を楽しむ「模型鉄」
などに分かれる.
僕はおもに1と4,たまに2という感じ.

20051007_ginga.jpgやっぱり鉄道旅行には独特の「旅情」が感じられる.徐々に変わってゆく風景,途中駅で乗り降りする人々の雰囲気,ふと居眠りから目覚めたときの車窓風景,単線行き違いの時の対向列車の人々,駅弁の楽しみ…とくに在来線の場合は,生理的な時間感覚と合うのか,特急列車に乗ったとしても独特の味わいがある.その点,新幹線はたしかに早くて便利なんだけど,飛行機と一緒で単なる「移動手段」であり,旅情を感じにくい.
最近は確かに新幹線も伸びたし在来線も速くなったけど,「味わい」の部分がどんどんと薄くなってしまって残念.
4の「模型鉄」にはまってるのもおそらくそんな理由かも知れない.模型ならば,すでに過去のものとなってしまったあこがれだった列車も再現できるから,思いを重ねることもできるわけだ.

そういえば僕のカレシも中学時代は鉄道模型をやっていたようで,クルマ好きなところも含め,けっこう趣味が合うんだよな(*´∀`)


件のブログの管理人さんとは,来月にでもお会いしてお話ししてみたいな♪
たぶんむっちゃ「鉄」分の濃い会話になりそうだけど…(^^ゞ


ブログランキングに登録しています.
よろしければ応援お願いします→banner_03.gif




追記
posted by うぱっぴ at 13:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 趣味:鉄道&鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

行先表示の郷愁

行き先表示のまばゆい灯りは 列車の中から誰にも見えない

中島みゆきのアルバム「転生」のラスト曲「無限・軌道」の一節ですが,この行先表示の灯りにも,最近変化が起きてきています.
国鉄時代末期には,特急列車の側面にはほとんど電動幕式の行先表示器がついており,「特急/つばさ 秋田」などと表示されていました.通勤電車も冷房車から側面の行先表示器付きになり,「山手線」とか「大宮」などという表示を見た方も多いでしょう.
東海道線や東北・高崎線,常磐線などの中距離電車や,急行電車は長らく差し替え式のホーロー製の行き先板を差し込んでいましたが,これもJR移行前後に字幕式の行先表示器に切り替わります.
「静岡」とか「黒磯」などの表示が出ていました.東北・高崎線系統では最近は誤乗防止に色つきの方向幕になっていましたね.

たまに故障して,電気がついていなかったり,一両だけとんでもない行先を表示していたりしてましたね.また,折り返し駅では表示がくるくる変わるのを見て,普段使われていない表示があるのにワクワクしたり.夕暮れ時に寝台特急の行先表示を見て,旅行に行きたくなったり…

鉄ヲタしかワクワクしませんか,そうですか(´・ω・`)

その行先表示器も新型電車ではどんどん「LED式」になってしまってます.我が家のそばの常磐線にもE531系という新型電車が続々と入線していますが,その電車もLED式です.
これって走行中は表示してないのがデフォルトらしく,通過列車の行き先表示を見ても,真っ黒け.「行き先表示のまばゆい灯り」なんてありゃしないんですよ.
LED式は,スクロール表示や交互表示,メンテナンスフリーなど,採用する側からすればいいことずくめなんでしょうが,やっぱり特性上どうしてもチラツキはあるし,明るいところではやはり見づらいし,E531系なんかで言えば,常磐船内走ってるのに「常磐線」っていう表示をする意味あるわけ?

上野駅のホーム端にまとめられた行先表示板のように,方向幕式の行先表示もやがては消滅してしまうかもしれません.メンテナンスフリーや情報量の増大の点から,LED式のメリットも解りますが,やっぱり何となく寂しく感じちゃいますね.
posted by うぱっぴ at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味:鉄道&鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

常磐線普通列車にもグリーン車連結

ようやく鉄道趣味に関わることが書くネタができました.

《Yahoo!ニュースより以下引用》
ゆとり通勤拡大、常磐線普通列車に来春からグリーン車

 首都圏を走る普通列車のグリーン車の人気が高まっていることを反映して、JR東日本は7日、常磐線でも来春からグリーン車を全列車に2両ずつ導入すると発表した。
 部分的にグリーン車を連結している宇都宮・高崎線でも、全列車での導入に拡大する。
 普通列車のグリーン車は、東海道線と横須賀・総武快速線では以前から連結され、2004年からは宇都宮・高崎線と湘南新宿ラインにも導入された。
 利用者は1日平均で計約8万5000人に上り、湘南新宿ラインでは平日の朝7時台から9時台まで、新宿行き列車の乗車率は常に100%を超える。座席指定はないが、座れないのを覚悟して利用する乗客も多いという。人気の理由は「ゆとりある通勤をしたい」という人が増えているためとみられる。
 普通列車のグリーン料金は、50キロ未満750円、それ以上は950円。土曜、休日はそれぞれマイナス200円。常磐線では来年1月から本格導入の春まで、普通料金でグリーン車両に乗れるサービスを行う。
(読売新聞) - 3月7日21時29分更新
《引用終わり》


JR東日本のニュースリリースはこちら(PDFファイル)

取手以北が交流電化という特殊性もあって,国鉄時代から新車の導入は遅れ気味だった常磐線ですけど,これでようやく他の路線並みのサービスになりますね.夜間上野発のフレッシュひたちの一部が取手〜土浦で各駅停車になっていることの解消にもつながるだろうし.おそらくはつくばエクスプレス開業で乗客が落ち込んでいることも影響してるんじゃないかと思いますが.エクストラコストを払わせることについては異論もあると思いますが,沿線住民にとってはある意味朗報です.とくに僕のように腰痛持ちにとっては普通列車の普通座席って結構つらいんですよ.







なんか最近の記事って全然ゲイネタと関係ないかも…ゲイブログなのに(^^ゞ
ラベル:グリーン車
posted by うぱっぴ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味:鉄道&鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけるとうれしいです→banner2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。