2009年09月25日

今日もサイクリング

今日は久々に蒸し暑い一日でしたね。

前回自転車を買ったことをご報告しましたが,ちょっとハマってる状態です。ちょっと時間があると,自転車でお出かけしています。

乗る機会も増えたんでちょこっとカスタマイズを開始。

まずはコレ↓

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R

  • 出版社/メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
  • メディア: スポーツ用品




LEDのフラッシングライトです。僕の生活スタイルだと夕方〜夜の走行が多くなるし,車道を走ることも多いので,やはり自分の存在を目立たせることが大事。安全のためにもつけました。購入店で取り付けてもらいましたが,Amazonで買って自分でつけたら半額で済んだなぁ…(;´∀`)

そして,次はコレ↓

キャットアイ CC-MC100W サイクルコンピュータ ブラック マイクロワイヤレス

キャットアイ CC-MC100W サイクルコンピュータ ブラック マイクロワイヤレス

  • 出版社/メーカー: キャットアイ(CAT EYE)
  • メディア: スポーツ用品




サイクルコンピュータです。必要ないっちゃ必要ないものですが,せっかく走るんだったら,速度や距離などが分かった方が楽しいかな,と思ってつけました。
このモデルはワイヤレスでコードの取り回しが不要。入門機なので,ケイデンス(ペダルを回す回転数のこと,運動強度を見るのに向いてます)機能は付いてませんが,基本的な機能は押さえてあります。バックライト機能も付いているので夜間も使えます。Amazonでは驚異的に安いんですよね。

どちらも取り付けは簡単で,サイクルコンピュータも設定込みで1時間以内に取り付けできました。


そして今日も夕方からひと走り。さっそく取り付けたパーツの確認です。
近くを流れる川の川筋をたどり,源流まで行ってきました。さっそくサイクルコンピュータで確認したら,往復で約34km,平均速度14.7kmでした。最高速は下り坂での35km/h。トップギアで流しても23〜25km/hは出ています。思ったより速いですね。

今日は筋肉痛もあまり起きなかったんですが,初めて落車を経験。停止寸前だったので,左手を少しすりむいただけで済みましたが,チェーンも外れてしまいました。
調子に乗って走り回っているので,少し疲れが出てるのかもしれませんね。


やることがほかにもあるのに,サイクリングにハマってしまっていていいのだろうか…(;´∀`) でも,風を切って走る気持ちよさはとっても爽快なんですよね。



banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m
posted by うぱっぴ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

自転車を買う

まだ「夏休み旅行」の記事は完結してませんが,間にひとつ記事を挟みます。

東京に来てからはクルマ移動は減ることはわかってたので,自転車を購入するつもりではいたんだけど,最初に住んだマンションの駐輪場にはすでに空きがなくて,断念。
今年7月の引っ越しでようやく駐輪場も確保できたので,ようやく購入することになりました。


数年前,北関東在住時期にも自転車は買ったけど,そのときはまわりにめぼしい自転車屋もなく,いろいろ調べずに通販で「なんちゃってMTB(『MTBルック車』とも言いますね)」を買ってしまったけど,コレが大失敗。
折りたたみ機能は付いてるとは言っても,それ以前に重くて持ち歩く気にならないし,実際乗ってみてもポジションが体格に合わないもんだから,たいした距離を走らなくてもヘンに疲れちゃう。
最初の頃こそ乗ったけど,だんだん乗らなくなって,しばらく駐輪場に置いてたら,今度はメッキ部分にどんどんサビが浮いてくる…。
サビ取り剤を使ってとっても,またすぐにサビだらけ,の繰り返しになって,とうとう放置状態になってしまいました。


今回はその反省に立って,ちゃんとまともな自転車屋さんでちゃんとした自転車を買うことにしました。ネットで調べたら,近所にちゃんとした自転車屋さんもあることも判明。

自転車もMTB,ロードバイク,クロスバイクといろいろ種類があるけど,さすがに自転車通勤する訳じゃなく,近所の買い物やお散歩代わり,休日のサイクリングとして利用するので,おのずとクロスバイクがいいかな,と言うことになります。ネットで調べると,どうやら「GIANT」の「エスケープR3」がお値段も手頃で評判も上々。

近所の自転車屋さんでも使用目的と予算を伝えたら,やはり『エスケープR3」を勧められ,ちょうど2010年モデルの「パープルトーン」という色が気に入ったので,それを発注しました。
当初の予定では9月上旬納車予定だったけど,メーカー出荷が遅れて,9月18日に納車となりました。
IMG_0174.JPG

どうです?オカマっぽくていいでしょう?(笑)ブルートーンもかっこよかったけど,個人的にはお気に入りの色です。左端のバックパックはバイクに合わせて買ったcolumbiaのデイパックです。カゴ付けるのはやっぱり無粋じゃないですか?

アルミフレームなのでとても軽量(たしか11.8kg)なんですが,実際に乗ってみても軽さを実感します。東京都内はけっこう坂が多いんだけど,きちんと変速をしていけばちゃんと登坂できて,途中で下りて押すなんて言うみっともない状態を晒さずに済みます(;´∀`)

納車以来,ちょこちょこお出かけしています。今日も自宅〜赤羽〜秋葉原〜飯田橋〜自宅と回ってきました。
近場だったら電車乗るより早いし,日頃の運動不足の解消にもなるし,買って良かったかも。

問題はバイクより人間の方。調子乗ってたらしっかり太ももが筋肉痛です。おまけにお尻の坐骨結節のところが痛い(ちょうどサドルに当たるんですよ)…いかにこれまで運動不足だったのか…(;´∀`)

ま,ちょこちょこ乗ってればだんだん気にならなくなるでしょう。

これからはサイクリングにもいい季節,少しずつ遠出もしてみようと思います。



banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m
posted by うぱっぴ at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

ふたりの夏休み旅行:その3

仕事が始まってから,なにげに忙しい日々。
先週も「待ってました」とばかりに内視鏡治療がほぼ連日のように控えていました。
そんな調子なので,どうしてもブログの更新が滞りがちになってしまいます。

というわけでようやく「ふたりの夏休み旅行」第3回目を始めましょう。


旅行も3日目。名古屋から始まります。
前日は箱根〜西伊豆〜藤枝〜名古屋と比較的長距離を移動し,名古屋着も遅かったので,この日のスタートは遅め。朝食後ものんびりしていたら,スタートが11時を過ぎてしまいました。

名古屋高速から伊勢湾岸自動車道に入りました。新しい道なので快適ですね。
さらに東名阪〜伊勢道と乗り継いで,向かうは伊勢神宮。

僕は家族旅行以来なので,実に25年ぶりの訪問です。

五十鈴川沿いの市営駐車場にクルマを駐め,川沿いに内宮に向かいました。
五十鈴川ってとってもきれいなんですね。小魚がいっぱい泳いでいました。

伊勢神宮内宮(皇大神宮)の神苑に入る宇治橋はちょうど掛け替えの最中でした。帰ってからWikipediaで調べたら,橋の架け替えと式年遷宮は4年のずれがあるんですね。

日曜日で人が多いことと,暑さのせいもあって,神苑ではあまり荘厳さは感じませんが,一の鳥居を超えたあたりから,徐々に緑が深くなってきます。
DSCN0338_1600.jpg


そして正宮前に到着。
DSCN0339_1600.jpg

正宮の建物の質素さはとても印象的。普段はある意味「装飾に凝った」神社を見慣れてますから,日本の原始宗教の原型がかいまみえるようです。次回の式年遷宮は4年後。この正宮もあと4年で取り壊されてしまいます。
そういえば,鳥居も扁額がなく,とてもシンプルでしたね。

神楽殿でお守りを求め,帰り道は門前の通りをぶらつきます。
お土産屋さんよりも酒屋が多い,不思議な門前通り。
DSCN0341_1600.jpg

伊勢と言えばやっぱり「赤福」ですよね。ちゃんと本店に寄って一服してきましたよ。
古い建物はとても趣があり,風も通ってちょうど良い休憩になりました。


せっかくなので外宮(豊受大神宮)にも寄ることにしました。
内宮(皇大神宮)が天照大神をお祀りするのに対し,外宮は豊受大神をお祀りしています。豊受大神は天照大神の食事の世話をする神様で,転じて衣食住や産業の守護神とされています。

内宮と比べ,ぐっと観光客も少ないため,かえってこちらの方が荘厳な感じさえ受けました。正宮のつくりも同じで,式年遷宮も同じように行われます。

大食いのEくんは「食べ物の神様だからちゃんとお守りを求めないと」と言ってここでもお守りを求めていました。僕はさすがにそこまでは…ね。


次に向かったのは二見浦。ここの夫婦岩を見るためです。
ここも二見興玉神社という神社の境内です。さきほどの伊勢神宮と比べると,何とも俗っぽい感じがしますけどネ。
meotoiwa.jpg

すでに日が傾き始め,西日が差した夫婦岩はきれいでしたよ。


そして今晩の宿泊地,賢島に向かいます。
志摩には最近でこそ,いろいろなリゾートホテルができましたが,やはり食べるの大好きな僕らですから,選んだのは老舗の「志摩観光ホテル」です。それもベイスイートの方ではなく,クラシックの方ですよ。

当日の朝の予約でしたが,用意されたお部屋は英虞湾を望むお部屋。調度やアメニティは確かに最新のホテルに比べれば見劣りする部分はあるけれど,部屋そのものはゆったりしているし,眺めもいいのでそんなに気になりません。第一,ここを選んだ理由は「食事」ですからね。
ちょうど夕日がきれいに見えていましたが,残念ながら日没前に夕日は雲の中へ…。

夕食はレストラン「ラ・メール」へ。あらかじめ頼んでおいたコース料理はここの名物「伊勢エビのクリームスープ」と「黒鮑のステーキ」を含むコース料理。前菜からどちらもとってもおいしくて,またボリュームもしっかりあって,Eくんも大満足。ワインを楽しみながら,とても楽しい食事でした。

(つづく)




banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m
posted by うぱっぴ at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

ふたりの夏休み旅行:その2

続き,Eくんとふたりの夏休み旅行,2日目。

1泊目の富士屋ホテルではのんびりと過ごし,朝は洋食バイキングへ。
実はEくんは僕よりスリムなのに,とっても大食い。
一緒に食事に行くといつも「一体この量の食事がこのスリムな体のどこに入ってしまうんだろう?」と思わせる食べっぷり。
こちらも連られて食べてしまいますが,それでも全く敵いません…(;´∀`)

だから,食事のときはとにかく量が食べられることが最重要。こういう時はブッフェスタイルの朝食は助かります。


10時頃ホテルを出発し,まずは大湧谷へ。箱根も何回か来てるというEくんでしたが,大湧谷は初めてとのこと。
ここは箱根の中では僕が一番好きな場所。火山の噴煙地帯って地球の息吹を感じられる気がするんですよね。
<DSCN0332_1600.jpg

散策路から冠ヶ岳をのぞんだところ。この日は天気は良く,芦ノ湖もきれいに見えましたが,残念ながら富士山の山頂は雲に覆われていました。

大湧谷と言えば『黒玉子」が有名ですが,さすがに朝食を食べたばかりでは,食べる気も起きません。

散策路とは反対側,箱根ロープウェイの大湧谷駅から東側の眺め。エヴァンゲリオンで家出したシンジくんが大湧谷に立ち寄るシーンがありますが,その現場ですね。(またエヴァネタって言わないでw)
DSCN0333_1600.jpg

大湧谷は火山堆積物と山崩れによってできた地形なので,とてももろくて崩れやすく,しょっちゅう地滑りを起こしてます。このため,いつ行っても工事をしています。当然,シンジくんが腰掛けていたであろう場所は立入禁止ですね。

かつては大湧谷自然科学館という箱根町立博物館がありましたが,2003年に閉館。子供の頃に行った時にはその展示はとても分かりやすく,かなり専門的な内容もあり,充実した博物館という印象だったのですが,残念なことです。


大湧谷からは芦ノ湖湖畔,十国峠を経由し,伊豆へ。伊豆スカイラインからは,ちょっとだけ相模湾,駿河湾の両方の海が眺められました。

修善寺をかすめて西伊豆の土肥へ。ここにEくん希望の「土肥金山」というテーマパークがあります。
土肥金山はかつて江戸幕府の直轄金山として栄えた金鉱山ですが,資源枯渇により現在は閉山,観光資源として一部の坑道が整備されています。

坑道内のかつての採掘風景の再現と資料館の内容(200kgの金塊に触れられる)はいかにも「B級スポット」的な雰囲気がプンプンします(笑)だから写真も撮ってないんです。

まあこれだけなら2度と来ないだろうなと思いますが,意外だったのは「砂金採り」。
実はEくんが「砂金採りをやりたい」ということでネットで調べてきたのがココ。30分600円で砂金採りの体験ができます。

やる前は「フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!」みたいに斜に構えた感じだったのですが,やってみるとけっこうハマってしまいます。前屈みの姿勢で腰に負担が来てしまいますが,あっという間の30分。僕は8個,Eくんは12個の砂金を採取(大人の平均は6個ぐらいだそうです),とった砂金は記念にケースに入れてもらってきました。

土肥と言えばもう一つ,あの伝説的ホモドラマ(?)「同窓会」の舞台になった場所。せっかくカップルで来たことだし,ドラマでも放映された「恋人岬」に行ってみることにしました。

国道沿いの駐車場から整備された散策路(けっこう上り下りがあります)を歩いて10分ほどで到着。西伊豆の海岸線がきれいです。
DSCN0335_1600.jpg


8月11日の地震で「恋人岬の鐘が倒壊」とテレビで報道していましたが,鐘そのものは修復されていました。この日は週末とぶつかったこともあって,写真のように「熟年カップル」がいっぱい(笑) これじゃあ「除夜の鐘」だな…(;´∀`) ゲイカップルは僕らだけだったかな…。

最初は「恋愛にゲンは担がない」なんて言ってたEくんですが,結局「せっかく来たんだから」と鐘を3回鳴らしてきましたよwww


恋人岬へ行く道すがら出見つけた「きびなご寿司」の文字。ちょっと気になったので遅めのお昼に寄ってみることにしました。

Eくんの食べた生とづけのきびなご寿司が各4カンずつの「きびなご寿司」が1000円,きびなご寿司4カンに石鯛や鮑などの握り4カン,アラ汁がついた「日替わり」が1500円。
きびなごだけでなく,石鯛や鮑もおいしく,アラ汁もゆずの香りがじょうひんでとってもおいしかったです。
帰宅後に調べたら「食べログ」にも紹介されてるお店でした。やっぱり僕って鼻がきくのかな…(‥ゞポリポリ


この日の夜の宿泊地は特に決めずに出てきていました。伊豆での一泊も検討したけど,道路の渋滞を考慮して,この日の宿泊地は別なところにすることとしました。
そこで,駿河湾沿いを沼津に向かいました。大瀬崎経由の道は狭いワインディングロードが続くので,土肥〜清水を結ぶ駿河湾フェリーに乗ろう,と提案したけど,Eくんにあっさり却下されました(;´∀`) 酔いやすいからクルマ以上に船は嫌らしいんだな,これが。

そういえば道すがら「旅人岬」なるスポットもありましたね…「2匹目のドジョウ」狙ってどうするんだろ…案の定(?)閑散としていましたねw

沼津までのワインディングでは,Eくんの状態に気をかけながらもちょっと走りも楽しみ,沼津からは千本松原を左に見つつ西へ向かいました。景勝地,由比に来る頃にはすっかり日も暮れてきました。

日中暑かったのでちょっと温泉で一汗流したくなり,以前友達に連れて行ってもらった藤枝の「瀬戸谷温泉ゆらく」に立ち寄りさっぱり。道すがら,ちょうど花火大会もやっていて,僕にとっては今年初めての花火大会見物にもなりました。


結局,その日は東名を西へ向かい名古屋へ。そこで宿泊することになりました。

(つづく)



banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m
posted by うぱっぴ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

ふたりの夏休み旅行:その1

前回の記事が「序」だったので,次のタイトルは「破」となるだろうと思ったそこのアナタ。
そりゃ今夏ヱヴァンゲリヲン新劇場版を見過ぎですよwww
かくいう僕も3回観てますが…(;´∀`)

閑話休題。


Eくんとの初めての泊まりがけの旅行が,国内旅行になってしまい,彼が実家に帰るまでの4日間を使って,国内をクルマで旅することとなったのは前回までのお話。


いよいよ初日。
Eくんは出発当日の午前中まで仕事。おまけに実家に戻っても1週間は滞在するので,荷物の整理やなにやらで時間がかかり,待ち合わせは予定の30分遅れ午後の2時半。
あらかじめそうなることは充分予想の範囲内w 最初の宿泊地は近場にすることにしていました。

彼の部屋の近くまで迎えに行き,いざ出発。首都高に乗り,レインボーブリッジを通って湾岸線へ。そして西の方へ進路を向けます。先を急ぐわけでもなし,景色の良い道を選んびながら。夕方の渋滞にもはまらず,ベイブリッジ〜横浜新道〜新湘南バイパスを通り,海沿いの134号から西湘バイパスへとクルマを走らせます。

当初久しぶりのドライブで車酔いしやすいEくんは緊張気味だったけど,西湘バイパスに入る頃にはだいぶ慣れた様子。

ちょっと残念だったのは,当日が曇天だったこと。天気が良ければ夕焼けを見ながら富士山や伊豆半島,条件が良ければ伊豆大島も観られたドライブコースだったのに。


小田原からは国道1号で箱根路へ。そして午後5時半に宮ノ下へ到着。
今夜の宿は宮ノ下のクラシックホテル「富士屋ホテル」にしました。
以前から一度は泊まりたいと思っていたホテルで,今回当日予約でも幸いに予約可能だったので,即決で決めたところ。

実はEくんには「箱根近辺に泊まる」とは伝えていたものの,どこに泊まるかまでは教えていなかったため,到着した時にはとっても驚き,喜んでくれました。彼も「箱根に泊まるなら泊まってみたいホテル」だったんだって。

通された部屋は3号館。裏手の庭園側でしたが,天井がとても高く,部屋もバスルームもとても広々として,鉄筋コンクリート造りの最近のホテルとは趣が違います。さらに,お部屋のバスルームにも温泉が引いてあるのが特徴です。温泉旅館でも部屋のバスルームは水道水のところが多いのに,さすがはクラシックホテルというところでしょうか。


夕食まで時間があったので,ホテルの敷地内や庭園を散策。

DSCN0328_1600.jpg DSCN0329_1600.jpg

左はホテル本館で明治の建築。和洋折衷の明治期らしい建物です。ロビー内部の床も木製なのはもちろん,床材の張り方も箱根細工のような工芸品です。
右は「花御殿」という別館で,昭和初期の建築。欄干が特徴的です。ちょっと「千と千尋の神隠し」に出てくる「油屋」に似てませんか? Eくんとも「これって『千と千尋〜』のモデルだよね〜」なんて話をしてました(Wikipediaによると,『千と千尋〜』の『油屋』のモデルとされるのは別なようですが…)。夕暮れ時に素敵な時間を過ごすことができました。

お風呂に入り,午後8時から夕食。会場のダイニング棟も昭和5年建築で,内装は格子天井で独特の雰囲気。週替わりのフランス料理コースをふたりでおいしくいただきました。

その後はバーで軽く飲み直し,ゆったりとふたりで過ごしたのでした。


(つづく)





banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m

posted by うぱっぴ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

ふたりの夏休み旅行:序

Eくんと付き合い始めて1年あまり。お互いになかなかまとまった時間を作ることができず,鎌倉など近場に日帰りで行ったことはあっても,これまで泊まりがけの旅行に行くこともできなかった。

僕もいまの職場が2年目となったこともあって,今年はまとまった夏休みを取ることが可能となった。最初に企画したのはヨーロッパ旅行。Eくんは海外旅行慣れしてるから,心強いし。
彼もとっても乗り気で,イタリアいいね,トルコもいいね,と,ガイドブックを買ってきてあれこれプランニングを始めていた。
僕も期限の切れたパスポートも更新して,いざ航空券の手配…と言ったところで…

なんと,Eくんの母上が健診にて異常を指摘され,入院治療が要すると判断されたのだ。それがちょうど入院時期が旅行の予定日に重なってしまったのだ。

ああ,なんというタイミング…。しかし病気が病気だけに放っておく訳にもいかない。


僕にとっては5年ぶりの海外旅行,それもEくんと一緒という一大イベントであったのでとっても残念ではあったが,職業柄,やはり母上の治療を優先してもらいたいという気持ちの方が強かった。だから,僕の気持ちの整理はわりとすぐについた。今春は自分の親父のことでいろいろ迷惑かけたしね。

むしろEくんの方がとっても残念がってた様子。口には出さないけど,態度で分かるんだよなぁ…。


そこで,夏休みを改めて見直すと,前半4日間は一緒に過ごせることが判明。そこで,彼を実家に送っていくついでに,ふたりでクルマで出掛けることとしました。

(つづく)




banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m


posted by うぱっぴ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鉄」分補給

もともと僕が鉄ヲタであることは,当ブログの古くからの読者の方々はすでにご存じかと。
今年もこんな記事をupしてますしね。


ところで,鉄道趣味にもいろいろありまして,鉄道写真主体の「撮り鉄」,ある線区や車輌に乗ることを主目的にする「乗り鉄」,鉄道模型を主とする「模型鉄」などなど。

大概において分類の複数を掛け持ちしてる場合が多く,僕の場合は「乗り鉄」と「模型鉄」です。


僕にとって鉄道模型との出会いは古く,小学校3年生の時。ちょうどNゲージブームの黎明期ですね。以来,大学進学時に一時的に中断するも,社会人3年目にふとしたことから再燃(いわゆる出戻りって奴です),大学院時代には車輌キット組み立てなどをやりましたが,その後は完成品コレクター。また親父が今春入院した時,出掛けられない代償(?)としてまた興味が再燃したりと,興味の波はありますが,現在に至るまで続けています。

鉄道模型もいろいろな楽しみ方がありますけど,その中でも車輌を集めたり,工作したりするのが特に好きで,いわば「車輌(工作)」派。

レイアウト(ジオラマ)にも興味はありますが,プランから工作,完成まで時間がかかること,スペースの問題などで未だに実現していません。組み立て式線路は持っていますけどね,もっぱら車輌の試走用。

その点,車輌工作は工作台があれば事足りるので,取っつきやすい。キットを組み立てたものは言うに及ばず,完成品はそのままとせず,自分なりに手を入れることで,愛着も湧くというものです。

とはいいつつも多忙さにかまけて,ここ数年は完成品コレクターに成り下がっていたのも事実でして…(;´∀`)


せっかく集めた車輌たち。多忙さから買ったままちゃんと整理もされず野積み状態になっていたのもあったりと,見る人が見ればとてももったいない状態になっていました。


そんなある日「GBr」の登録ブログで珍しく鉄道模型の記事を発見。なんかうれしくなってコメントを残したのがきっかけで,そのブロガーさんに誘っていただきました。

そのブロガーさんとは「エンドウマメ☆」の亮平くん。本日からリンクにも追加しました。

まさかゲイブログで「鉄」それも「模型鉄」つながりができるとは,ちょっと予想外でした(;´∀`) 「乗り鉄」やもと「鉄」の方はちらほらお見かけするんですけどね。


亮平くんからお誘いを受けて,いまから2週間前の日曜日。とある特急停車駅の街に行ってきました。

「貸しレイアウトでの運転会」ということで,僕も車輌を持ち込んで参戦。亮平くんも彼自慢の車輌を持ち込んで参戦。
IMG_0135.JPG
(写真はイメージです。実際の貸しレイアウトではありません。悪しからず)


やはりレイアウトの中を走る車輌は(・∀・)イイ!! 特に自分の車輌となればなおさら。
最近こんなお店にも行ってきましたが,やっぱり自分の愛着のある車輌を自分の手で走らせ,それを眺めるのがサイコーです!!
(興味のない人から見れば,いい大人がおもちゃ見ながらにやにやしてるようにみえるでしょうね)
あっという間に数時間が経過した1日でした。いや〜充実しすぎて血が濃くなりそうです。

しかしその日にお集まりのみなさんは,やはり同好の士,こだわりがありますなぁ…。僕も負けてられないぞっと。

亮平くんありがとね。また「鉄」で盛り上がろうね。




banner_03.gif ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ ←どちらもclickお願いしますm(__)m



posted by うぱっぴ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味:鉄道&鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックしていただけるとうれしいです→banner2.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。